THEATER IMERUAT & CAFE IMERUAT Report
シアター・イメルア & カフェ・イメルア レポート



2013.7.6 「シアター・イメルア」「カフェ・イメルア」の全貌(神楽坂セッションハウス)
<公演情報ページはこちら

LinkIcon前編【シアター・イメルア】へ行く

後編【カフェ・イメルア】浜渦 = 緑 Mina=
 
さて、打って変わって楽しいファンイベント「カフェ・イメルア」です。前編で書いたような色々と難しい試みのあとにはこういったものが一番だと思い企画させていただきました。19時30分の開演でしたが、シアターの終演からは2時間強の間もバタバタしておりました。鈴木光人氏をはじめとするいつもの仲間が楽屋に挨拶に来てくれわいのわいの。弁当を突っつきながら「これもプレゼントにしたらいいのでは?」「いやこんな紙切れ喜んでもらえないんじゃないか」なんて感じでレアアイテム抽選会の準備など。

「カフェ・イメルア」開演前の客席の様子(約100席)

シアターとカフェで配布、販売したものと、ファンの方から戴いた色紙など…!

客席に配置されたのは、手書きの新聞「イメルアタイムス第一号」、帯広のお菓子の名店「柳月」の「三方六の小割」と「十勝チーズケーキ」、そして「熊ささ茶」のペットボトル。「お茶菓子などをいただきながら、とにかく楽しく過ごしましょう」というようなコンセプトです。

・開演
司会者挨拶を経て私とMinaが登壇しました。ここから2時間半、ぶっ続けで参ります…!

若者の悩み相談番組みたいになっている図「柳月」のお菓子を紹介…柳月さん公認での配布!

議員みたいに熱弁してる手にはイメルア新聞(笑)例によって本番の朝完成

・お菓子&イメルアタイムス紹介コーナー
先述の帯広の名店「柳月」のお菓子と、熊ささ茶について紹介しました。柳月ファンの私と帯広育ちのMinaが本当に喧々囂々して選び抜いた2品です。和菓子が入ってなくていいのか、見た目はどうか、熊ささ茶に合うか…というところで悩みまくっていたのですが、「三方六の小割」は全国的にも有名な、チョコレートコーティングされたバウムクーヘン「三方六」を食べやすいサイズにカットされたもので「これは王道」ということで、また「十勝チーズケーキ」は二人の超お気に入りということで決定しました。「熊ささ茶」(ペットボトル)は正直非常に微妙な味ですが、私は大好きです。ホットでいただくとこれまた素晴らしいので、この冬是非お試し下さい!「イメルアタイムス」は完全なる手書き新聞です。子供の頃、ガリ版をやってたのを思い出しました^^
 
「イメルアタイムス」、構成も絵も字もすべてイメルアでやりました。上の方の絵や記事は私が、下の方は浜渦さん担当です。記事の内容はほとんど浜渦さんが考えてくれたのですが、結局私の清書が遅くなり当日の朝までフラフラになりながらペンを走らせ、ただでさえ汚い字がさらに汚くなりご来場の皆様へ晒されてしまいました(もはや清書じゃない)。
選んだお菓子はおいしかったです!「熊ささ茶」はなんとも地味な味で「畳の味がする」とか言われていました(笑)。でもそれがくせになる感じもあって、気に入ってくれた方もたくさんいたようで、私も前よりずっと好きになりました!

・リアルタイムコメンタリー
最近、映画のDVDやブルーレイなどの副音声で、制作者や出演者が色々コメントするのがよくあるそうですが、それをプロジェクターの大画面でリアルタイムでやろうという企画です。投影されたのは「Imeruat」「Giant」「Haru no Kasumi」「Springs」でした。

 

リアルタイムコメンタリーで「Ginat」を語る大きな画面で観るのもなかなかです!「Giant」

「Haru no Kasumi」DVD収録の「Springs」、Web非公開

・質問コーナー
あらかじめお客さんにイメルアへの質問を用紙に書いてもらい、それに答えていくというコーナーです。その一部を思い出して少し紹介します。

★「Left」の最初の台詞はなんと言っているのか?
最初の私の台詞で「Hello? It's me やねん」と聞こえるんですがなんと言ってるんですか?という質問です。これは「Hello? It's me AGAIN」です!会場でも話しましたが、この録音はSkypeで相手役のネイティブの方と練習してから何度か本番テイクを録ったのですが、結局最初の練習のテイクをほぼ使ったんです。私はもうちょっと流暢に話せているテイクにしたかったのですが、浜渦さんが「このたどたどしい感じが怒ってる感じを表してていいんじゃないか」というので従ったのに、CD発売してだいぶしばらく経ってから「ちょっと英語の発音が…」と言われて「はぁ!?」ということがありました(笑)。本人はそんなこと言った記憶ないそうです。
 
記憶にございません(古っ)。
 
★今の気持ちをダンスや曲で即興で表せますか
躊躇するか適当にごまかすのかなと思ったら、すぐに踊りだしたのでちょっと驚きました(笑)。
 
その場の勢いで踊ってしまおうと思ったら「え!?やるの!?ほんとに!?」とか突っ込まれ「え?ダメ?」「いや、いいけど…」みたいな感じで出鼻を挫かれました。でもお客さんが笑ってくれたのでよかった〜(^^)
 
★お互いのどういうところがいいポイントか
私はやはり才能豊かなところ、性格は面倒くさいですが、と答えました(笑)。
 
なんて答えたっけか…?

要望に躊躇なく応えるMina

しかし…

よくやりますね

・ムックリワークショップ
 
ムックリをまた教えて欲しい!という声をよくいただいていたので、プログラムに入れました。前のライブから練習され上達されていた方も多く、かなり大きな音が会場に響き渡っていました。たくさんワークショップをしてきましたが、あんなに大きな音が鳴り響いているのは初めてでした!
 
Minaが客席を回ったり、切れたヒモのスペアを配布するなどもこれまでになかったことでした。以前のライブで購入された方も多数いて、練習して慣れてきておられるのか、「全員一斉に鳴らす」ときのボリュームは驚くほどのものに!

「ムックリ・ワークショップ」でお手本を披露

舞台下手からの様子

・ミニライブ
シアター・イメルアでパーカッションをやっていただいた寺田さんがここで再登場です。Minaがアイヌ語の伝統曲を即興で歌っていき、寺田さんも即興で叩くのですが、これもワークショップやクイズと同じく、ファンイベントならではですね。「そんな伝統曲ばっかりってのもなぁ」と言っていたのですが、リハでなんとなくやってみたら見事だったのでやることになりました。私はリハでも本番でも「おもろいなぁ、ヨシモト入ったらええねん」みたいに「おもろいなぁ、二人で日本まわったらええねん」と言ってました。おまけですが、そのリハのときの動画を用意しましたのでご覧下さい。
 
そういえばアカペラのウポポ(アイヌの歌のこと)をやってなかったなぁ〜と思ってやりました!「Battaki」とか「6Muk」で歌っている歌も、ウポポですよー。元は伴奏はついておらず、輪唱したり、踊りがついていたりします。歌やテンポを変えても典子さんがリハのとき一瞬で合わせてくれて、わぁ〜お!でした!

Mina×寺田典子、即興でウポポメドレー!





・アイヌ語クイズ
IMERUATの多様な要素の中の一つである「アイヌ」ですが、今回初めてその「言葉」をも少し紹介しました。この日はワークショップやクイズ、ミニライブなどアイヌ文化が盛りだくさんでしたが、私が「ゲームを中心とした作曲家」と認識してもらっていたように、Minaとはなんぞやというところをも少し…ということで一側面をご覧いただきました。シアターではダンスも初披露、そしてボケも連発で、かなり伝わったのではないでしょうか(笑)。IMERUATのようなことをやるには音楽力と文化人類学だったりが強いほどいいものなのですが、地名紹介では「えっとなんだっけ」と連発するほど、私もMinaも忘れ始めており…^^; またこのコーナーからMinaと二人だけで話し続けると暴走する?という理由で、客席にいたVideo Game Orchestraというボストンのオケ楽団の主宰である仲間将太氏に無理矢理登壇してもらいました(彼には本当に予告なし!)。実は昨年シカゴでIMERUATがVGOと共演、IMERUATの楽曲を彼や寺田さんがバリバリ演奏してくれた経緯があったのですが、ステージで肝心なそれを言うのを忘れておりましたのでここでご報告いたします^^;
 
・抽選会
2011年の伊丹ライブで「レパートリーが少ないから」ということでやったファンイベントを東京でも…という意図もあった「カフェ・イメルア」ですが、その時同様に抽選会も開催。むしろこれがメインです!商品は「額縁に入れた『ヤイサマ2012』のライブ実使用の連弾スコア」「柳月のお菓子ギフトセット」「フリーランスになる前に努めていた会社で20分ほどしか使わなかった大きなデジタル時計」「昨年スイス滞在時に買ったスイスナイフ」「Black Oceanのブックレットの挿絵の原画」「IMERUAT 新作バッグ」「IMERUAT 新作Tシャツ」「熊ささ茶3本セット」などなど。最初の当選者二人が「お連れさん」だったり、半数ほどが「どちらから?」「横浜です^^;」だったり、「仲間将太の差し入れの沖縄銘菓」も商品に加わって北海道派のIMERUATと沖縄出身の仲間氏の間で南北バトルが勃発したり、どんどん盛り上がっていきました。さらにはMC中にMinaが4回も突然舞台から消えるなどという「大技」を披露!と、思い出したのでここで「お互いのいいポイント」を書きますが、実はああ見えてなかなかの洞察力を持っていて、舞台裏では総監督的役割を果たし、またファンの顔は一度見たらほとんど忘れず、毎回のステージでアドリブで見たことも無い演技や歌唱を突然披露するなど、結構いつも助かってます。ただ「ながたんば」とか「てもちぶたさ」などと学が無い上「天然」も多く、私が一瞬目を離した隙に舞台袖に消えるるなど本当にハラハラさせられるのですが、「なにしとんねん!」と思ったら、次の瞬間「これもプレゼントにしよう!」と持ってくる。確かに商品の数はもう少し欲しかった気がしていたので、やはりあの判断はよかったのでしょう。ところで、スコアとか中古とか元手のかかってないものに、価値をつけるようなことをするのにちょっと抵抗があったのですが、喜んでもらえたようで本当に嬉しく思っております。
 
抽選会すごく楽しかったです!「こんなのもらって喜んでもらえるかしら…?」とドギマギしながらも、喜んで&楽しんでいただけたようで嬉しいです!またいつか絶対やりたいです(*^^*)

楽しい抽選会!仲間氏も楽しそう…

おめでとうございまーす!?重いデジタル時計…

・IMERUAT体操第4を全員で!
最後は、シアター・イメルアで初披露した「IMERUAT体操第4」をお客さんとみんなでやってみる、という企画!練習と本番の二回で、Minaはステージ中央の椅子の上で、その左右に寺田・仲間の両氏、そして私は脇でピアノ。最後にさらに得も言われぬ素晴らしい空間が生まれました(笑)。すみません、もう鍵盤が見えづらくて見えづらくて…、そうでなくても間違えまくって弾いてましたが^^;
 
みんなで体操なんて無茶企画、いきなりやってくれるかなぁ〜、嫌々じゃないかなぁ〜と思っていたら、やりましょうってなった途端にすぐ立ち上がってくれたお客さんの躊躇のなさぶりにびっくり!しかも皆さんかなりしっかりやってくれたのにもさらにびっくり!まじっすか(笑)嬉しかったなぁ〜。ライブの度にみんなでやりたい!

「IMERUAT体操第4」を全員で!

宗教行事ではありません(笑)

・終演、そしてサイン会、そして…
2時間半に渡るファンイベントはおかげさまで大盛況のうちに終了致しました。そして恒例となりましたサイン会。直接の声を聞かせていただきましたが、シアター、カフェともに想像以上の反響をいただき、やってよかったと胸をなでおろしておりました^^ そしてお客さんが皆さん帰られた後は…片付けです!やはり普通の音楽ライブではないので、そこもスタッフ総出。ひな壇の解体、売れ残り商品の積み込み、掃除…!撤収は23時半を過ぎていたかと思います。
 
そんなこんなで過去の中で、もっとも「夢のようなライブ」であった「シアター・イメルア」と「カフェ・イメルア」でした。ブログから一部転載しますが、4/5のライブが上手くいった…と、こういうときこそ、そのままの路線だけに集中せず、こういう挑戦を挟むことは意義があると思っていました。そこにお客さんを巻き込んでしまったのですが、それこそがまたお返しの道だとも感じています。しかし即効性は定かでは無いので、精一杯弾いたり、ファンイベントを設定したり、色々準備をがんばったつもりですがいかがだったでしょうか。いつものライブハウスと違ってやることが本当に多く、Minaやスタッフと作ったグッズやパンフ等のデザイン、進行表や計算のデータ、注文や手配のメールの山、そしてひな壇を作って身体がミシミシするという体感…新しい視点がたくさん得られて、次のビジョンにすごい広がりが出てきてワクワクする感じ。これが「夢のような…」という余韻になったのかなと思います。そしてこういったことはまたやることができるのか?…と、まるで大学時代、初めてバンドをステージでやったときのような不安と寂しさに少しばかり襲われたり(笑)。そしてあれからもう2週間が経とうとしていますが、効果は出てきています。次の目標がさらに明瞭になってきています。さしあたって来週、早速ネタを仕込もうかなと。そんなわけで皆様、ご来場、本当にありがとうございました!
 
今回は常連さんも多く、いつも同じサインじゃつまらないからとシアター&カフェ版のサインをしよう!と思っていたのに、すっかり忘れいつもと同じサインを…そしてたまに思い出し違うサインを…あれ。私たちもお客さんと直接顔を合わせてお礼をお伝えできるサイン会はとても嬉しい場です。こんな好き勝手やった会を本当に温かく、そして笑顔と笑い声で会場を満たしてくれたみなさん、本当にありがとうございました!
そして都合や遠方でご来場したくてもいただけなかったいつもIMERUATを応援してくださっているみなさんも、ありがとうございます。いつかあなたの町にも行きたい!そういえば「全国ツアーはいつですか?」というご質問をいただきましたが、私たちもしたいのですが、なんせ他県ライブのノウハウが乏しくて…!小さいカフェとかでもいいから廻りたいね〜なんて話しているのですが、ここオススメ!とかあれば教えて下さいね。むしろ呼んでいただければ喜んで参りますので、企画者募集中で〜す(笑)では、また次のライブでみなさんとお会いできるのを楽しみにしております!!

終演後のサイン会

終演後、出演者、関係者で記念撮影!